media house

コラム

<求人媒体にとらわれない求人手法、それはWeb広告> ~お客様の特性・強みが分かれば違う業界の広告手法も求人で活用できます!~

販売・サービス業界において

売上アップやサービスの向上を目標に置いたとき、

「働くスタッフを増員しないと店舗がまわらない。」

このように考える企業様は多いと思います。

 

そのとき真っ先に思い浮かぶのが、「求人媒体への掲載」です。

 

もちろん、これは正しい判断です。

しかし昨今の求人環境では、ほしい人材を獲得するために

当初の想定以上に費用や時間を費やしてしまうケースが非常に増えています

採用したい人数が多いほど、より費用・期間がかかるものです。

 

 

 

そこで今回は、弊社のお取引先の中から、全国に約20店舗の

PC・PC関連商品の販売店を運営する企業様の求人への取り組みを

紹介させていただきます。

 

2019年末、この企業様では、年末商戦期やWindows7のサービス終了に伴う

PCの買い替えなどが重なり、販売スタッフの店舗への配置採用人数が一気に増えました。

 

1年間の求人費用は約1000万円規模。

特に店舗の販売スタッフは、人数が必要でありながら応募が少なく、

求人費用の割合を多く占めていました。

 

何年にも渡り複数の求人媒体を活用していることから、

募集職種に最適な媒体は把握していましたが、

それでも商戦期に間に合うか不安な状況でした。

 

そこで次の募集では、有効媒体の活用に加え新たな応募経路を作り、

新たな求職者層からの応募を獲得することを提案し、進めることになりました

 

新しい応募経路とは、GoogleやYahoo!を使ったリスティング広告や

リマーケティング広告などを求人で利用する手法です。

販売促進の世界ではスタンダードな手法といえます。

 

嬉しいことに、業界では店舗名や自社商品が知られているお客様でしたので、

普段からインターネットを利用する際の検索キーワードとして、

店舗名や商品名、商品が活躍するフィールドなどを入力したカスタマーに向けて

求人サイトにリンクする広告を仕掛ける手法をとりました。

 

ターゲット設定の王道は、「職種名+求人」「業界+採用」といった

求人関連のキーワードで応募を募ることですが、このときは

「この商品を売ることに関われる!」「このお店で求人が出ている!」といった

動機形成も同時に狙うため、商品名や店舗名で検索した求職者にも

広告が表示されるようにしました。

 

その結果、このWeb広告では1万7000円台で1応募という結果を出すことができました。

媒体での1応募あたりの平均額が1万5000円~2万円であることを考慮すると、

Web広告は第2の採用手法として確立されたと言えるでしょう。

 

営業として、今後は商品力(ハード面)だけに頼らず修理部門(ソフト面)をも強化し、

新しい売上の柱を立てたいという考えも出てきています。そして、次の

増員計画にもお役に立てられるよう、と日々奮闘しています。

 

 

270458