media house

コラム

企業の「理念」「風土」を伝える求人広告が採用率UPのカギ


新型コロナウイルスによって国内外の経済が大きく揺らぐ2020年。

失業者の増加に反比例するかのように求人件数が減り続ける中、求人媒体に掲載されている企業への応募数は増加傾向にあります。

 

長らく求人広告の制作に携わっていると、給与の高さやシフト、様々な福利厚生制度などをアピールする求人広告が実に数多く見受けられます。

また、ワークライフバランスというキーワードが注目されているように、残業の少なさや年間休日数の多さといった労働環境も魅力のひとつとして伝えられています。これらが、企業にとって求職者に伝えたい一番の内容であることは確かでしょう。

さらに、現在の有事において求人広告では「安定性」を訴求する企業が増えてきました。「設立●●年」「上場企業」「途切れない仕事量」…それもまた、求職者には魅力的に映るはずです。

 

しかし、こうした「メリット=特典」+「安定性」をひたすら羅列する求人広告は、(特に同業の)他社広告と比較されることも少なくありません。募集条件だけで勝負している以上、求職者の比較検討は必然です。

 

もちろん、これらの情報も大切なものであることは大前提。
その上で、さらに私たちが伝えたいものは、“経営者の思い・理念”であり、“そこに働く社員の姿”です。

・会社のトップである社長や一緒に働く人の人柄を知る。

・仕事内容に魅力ややりがいを感じられる。

・自身の将来のキャリアを想像できる。

これらをしっかりと求職者にイメージさせることのできる求人広告こそが、求職者の“共感”となりマッチングへとつながることは、これまでの事例でも明らかです。

 

「この会社に入社して良かった」「この人を採用できて良かった」とそれぞれが思える採用成功を実現させるためにも、経営者の声・現場の声をヒアリングし、求職者へ大切に伝えていきたいと思います。

240411