media house

コラム

SEO・検索ヒットだけじゃない!「ピン」と来させる、次世代の効果的な求人キーワードの使い方

「検索にヒットするキーワードを入れましょう」

このようなアドバイスをよく耳にすると思います。
ホームページのSEO対策でも基本中の基本となるテクニックであり、
SNSでもハッシュタグ「#」を用いて活用されています。

 

もちろんこれは求人広告にも当てはまります。
「事務」「東京」「未経験」「在宅勤務」
これらの人気キーワードは、求人メディアによって
サイト上にランキング形式で掲載されており、
日本最大級の求人検索エンジンとも言われている
Indeedの原稿作成時にも多用されています。

 

確かに検索目的のキーワードは大切ですが、
必要以上に盛り込んでしまうと広告の質を下げてしまいます。

 

例えば「音楽」「カフェ」「ゲーム」が人気ならば
「音楽が流れるオフィスです」「元カフェ店員がいます」
「社員が集まってゲーム大会をすることもあります」
こうしたキーワードの使い方は関連する業界ではないことを示しており、
検索した読者の信用を落としかねないので注意が必要です。

 

話は変わりますが、今回ご紹介するテクニックは、
「検索ヒットを目的としたキーワードの使い方」ではありません。

 

例を踏まえてご紹介しましょう。
まずは下記をご覧ください。

 

FA/物流改善/SCM(サプライチェーン・マネジメント)/
CRP/マテリアルハンドリング/物流技術管理士/ABC分析/
需要予測/統計/生産管理・物流管理/戦略物流/POS
業務最適化/標準化/設備投資/ヒヤリハット/
SOPSales and Operations Planning・販売・業務計画)/
ECEC物流/オムニチャネル/WMS(倉庫管理システム)/
自動化/3PL(サードパーティー・ロジスティクス)/ノンアセット型

 

 

上記キーワードは検索ヒットが目的ではありません。
SOP」「WMS」で検索するような方は滅多にいないはず。

 

しかし物流業界にいらっしゃる方なら、
「ピン」と来たのではないでしょうか。
そう、上記のキーワードは物流企画営業の
募集を目的とした求人広告に記載しています。

 

これらは検索こそされないものの、業界に属している方が
企画書や社内資料、専用システム、上司との会話、提案書などを通じて
日常茶飯事で目にしている専門用語です。

 

どの業界でも「普段使っている仕事道具の名前」や
「パソコンソフト」「独特の略語」「専用システムの名前」
「耳にタコの言葉」「目の上のたんこぶの課題」があります。
それらを求人広告に盛り込むことで読者は「ピン」と来るはずです。
「これが分かるのは自分だけだ、自分のことを求めているのだ」と。

 

そうなってしまえば後はこっちのもの。
読者に自身がターゲットのドストライクだと認識させ応募を促し、
その結果、業界経験者からの応募が増えることで
有効応募率を上げることにもつながっていきます。

 

 

もうひとつ例をご紹介しましょう。
続いては下記をご覧ください。

 

HOPEWNSWISNEOTWFARNNHLTR
RBSMHRFMASJOL1Q2Q3Q4Q
Sコード/SRA6FA3N5/ライト/せきらら/
オウンドパック/アイプラス/応募受ける君/
MISOSHIRU/みんネク/MUSTWANTAIDMSA
エンジニアリングフロー/枠商品/送り/現S

 

 このキーワードを見て「ピン」と来るのは
私たちのようなリクルート求人広告代理店の勤務経験者です。
分かりづらい例ですが、これを読んでいる
当社の社員、同業の方は「ピン」と来ていると断言できます。

 

 案外見落としがちな次世代の求人キーワード。
このテクニックはどの業種でも応用可能です。
皆さんの会社・仕事の中にも眠っているはずです。

 

普段業務で使っているシステム名は何ですか?
略語になっている業界共通言語は何ですか?
取り組んでいることを四文字熟語にすると?
同僚と会話している時、頻繁に出てくる言葉は?

 

募集を行う職種の、まさに現場の最前線にいる方が
一番詳しい貴重な情報を握っています。
ぜひ一度、聞いて、それを洗い出してみて、
求人広告に盛り込んでみてはいかがでしょうか。
劇的な効果改善につながるかもしれませんよ。

 

211401