media house

コラム

求職者目線・企業視点で考える採用サイトの重要性

採用サイトとは、「企業HPとは別に設けられた、採用を目的としたサイト」です。
今回は、その採用サイトの重要性についてご説明します。

 

今や、求職者のほとんどがWEBで求職活動を行っているこの時代。
これまでは求人広告を見て仕事を探し、直接応募をするという動きが主流でしたが、現在は求職者の8割以上が、求人メディアのみでなく企業HPや採用サイトを閲覧する動きが主流となっています。

求職者はなぜ求人メディアのみで意思決定をせず、採用サイトを閲覧するのか。
その理由としては、

・求人内容をより詳しく知りたい
・求人の情報が本当に正しいのか確かめたい
・信頼できる企業なのか確認したい

上記のような理由が挙げられます。

検索すれば容易に情報が手に入る現在において、採用サイト・口コミサイトを含めた様々なサイトから多角的に情報収集し、吟味した上で応募に至っているのです。

特に現在の有事においては社員やアルバイトといった雇用形態を問わず

・長く続けられる仕事なのか
・安定性や将来性はあるのか

など、中長期的な視点で求職活動を行う求職者も増加しています。

 

ここまでは求職者目線で採用サイトの重要性を記してきましが、企業側にとってのメリットをご紹介します。
簡単に例をあげると、

・indeedやスタンバイ他、アグリゲーションサイトを活用した募集ができる
・企業の魅力や社風を訴求し、そこに共感した質の高い求職者からの有効応募が集められる
・媒体予算を抑え、全体の採用コストを抑えることができる
・自社の募集案件を管理できる

などがあります。

 

実際、弊社でお取引させていただいている企業の中では、採用サイトを導入・運用することで人件費の圧縮を実現している企業や、「応募者の増加」「採用者数の増加」を実感している企業も多く、採用サイトは今後の採用活動の中で、必要不可欠なものになっています。

現在弊社では、独自の採用サイト「アグー」を開発しご提案しており、立ち上げから、サイトを活用した有効的な募集手法まで、トータルでサポートさせていただいています。

ここまでの内容に、少しでもご興味を持っていただけるようでしたら、
是非、弊社までお問い合わせください。

 

330454