media house

コラム

知っておいて損はない”WEB広告”3選

「WEB広告」といえば、Yahoo!・Googleで検索した際に表示される様々な広告や、You Tube等で動画を再生した際に表示される動画広告などを思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。

WEB広告と一言で言っても、様々な種類があります。
今回は、そのメインであるリスティング広告、リターゲティング広告、SNS広告の3つについてご紹介します。

 

①使い方次第で効果大!?リスティング広告とは


リスティング広告とは、簡単にいうとYahoo!・Google等で何かを検索したときに、検索結果画面に表示される広告を指します。

特定のキーワードを設定し、そのキーワードを検索したユーザーへ表示される仕組みです。上手く使えば、専門職やかなりニッチな層にもアプローチすることが可能です。
また、リスティング広告は運用型広告のため、媒体のように掲載して終わりではありません。原稿内のキーワードをその都度変更し、データを見ながら運用の最適化を図っていくことが出来ます。

しかしリスティング広告は、キーワードの単価がオークション形式で決められているため、求人広告で利用する場合は上手く運用しなければ、費用をかけた割に結果が出ないこともあります。

代表的なリスティング広告は、「Googleリスティング広告」「Yahoo!リスティング広告」「Indeedスポンサー広告」の3つです。

 

②興味を持ったユーザーを逃さない!リターゲティング広告とは


あるサイトを訪れて以降、様々なサイトの広告欄に同会社の同広告が繰り返し表示された経験がある方も多いことでしょう。
これがリターゲティング広告です。自社サイトに訪れた人を記憶・追跡し、自社の広告を配信します。

例えば、気になっている商品のページを一度閲覧したものの、即決には至らずそのページを離れたとします。しかし、リターゲティング広告を導入していれば、その人を追跡し、その商品のページを他サイトの広告メニューで表示させることができるのです。

求人の場合でも同じことが可能です。応募には至らなかったものの、一度でも自社の求人情報や採用サイトを見たユーザーに対し、その自社の求人を他サイトで表示させます。何度か目に留まることにより、検討され応募へと繋げることができます。

代表的なサービスでは、「Yahoo!リターゲティング広告」「Googleリマーケティング広告」が挙げられます。

 

③年齢層・性別・エリアなど細分化したターゲットに合わせたアプローチが可能なSNS広告。


SNS広告とは、その名の通りSNSを使うユーザーに向けて配信することができるWEB広告です。
Twitter、Instagram、Facebook、LINE、YouTube等が主なサービスとなり、各種SNSのタイムライン(TL)や、24時間で消えるInstagramのストーリー、ツイッターの検索結果、YouTubeの冒頭数十秒ほどの動画・バナーに表示されるものがSNS広告です。

ユーザーが検索・投稿したキーワードや、フォローしているアカウントに応じて広告を配信できるため、対象を大幅に絞り込むことが可能です。キーワード以外にも、ユーザーのスマホの「位置情報」を利用して特定のエリアに住んでいる人だけに広告を配信することも出来ます。
例えば音楽フェスにおいて、特定のアーティストが出ている時間・位置情報に配信情報を設定すれば、後日そのライブを見ていた人にだけ広告を表示させることも出来るのです。

しかし集客や販促ではなく、求人広告として利用するならば、必ずしもユーザーが転職希望者とは限らないため、募集内容により適さない場合もあります。

~まとめ~


ここまで3つのWEB広告についてご紹介しましたが、WEB広告は「特定のユーザーにだけアプローチしたい」、「自社のHP・採用サイトを見てもらいたい」など、目的に合わせて使い分けることで最大限効果を発揮することができます。

ご紹介した中で、人を集め採用成功へ導くために最初に始めるべきWEB広告は、やはり「Indeed」です。Indeedは求人検索に特化したサイトとして知名度を高めています。

各種求人媒体と比較しても利用者数が圧倒的に多く、検索結果上位に表示されるようにするためのSEO対策にも力を入れているサイトなので、多くのユーザーからの流入が見込めます。自社採用サイトと紐付けることもできるため、アクセス数を増やし結果として良い人材からの応募に繋げられます。
また、求人案件の緊急度や規模に合わせて、各求人原稿それぞれの予算配分を変えることも可能です。

サイズや掲載期間が決まっている求人媒体とは異なり、Indeedは自社の求人広告が閲覧されて初めて料金が発生する「クリック課金制」であるため、効果データを見ながら運用し、結果を出していきましょう。

Indeedの原稿作成・運用は、メディアハウスエージェンシーにぜひお任せください。

 

360459