media house

コラム

リクナビ新卒2021を無料で掲載可能!そのメリットとは。

株式会社リクルートキャリアは、2021年4月に就職予定の学生(大学院、大学、短大、高専、専門学生、外国人留学生)および既卒生を対象とした就職活動サイト「リクナビ2021」において、2021年1月7日(木)から2021年3月のサイト終了日(日付未定)まで、無償で求人を掲載できるサービスを提供します。

2021年1月7日(木)以降、「リクナビ2021」に新規でご掲載を希望する企業様が対象となります。
なぜこのサービスを展開するに至ったのか。それは、2021年4月入社を希望する学生の就職活動が例年以上に継続しているという背景にあります。

これらを受けて、関係4省から経済団体に向けて「2020年および2021年新卒採用者などの採用維持・促進に向けた特段の配慮」の要請があり、「リクナビ2021」では、2021年4月入社を目指す学生に向け、より多くの就職機会を創出するために今回の取り組みを実施するに至りました。

 

リクナビ2021とは?


「学生が、自分に最もふさわしく自分を伸ばすことのできる企業を選び、企業は明日の反映を担う人材を求める。」
こうした企業と学生の双方が納得する出会いの創出を目指す新卒向け就職サイトです。このコラムをご覧の方々の中には、これから初めて新卒採用を検討される方もいらっしゃることでしょう。
改めて、新卒採用とは何かを簡単にご説明致します。

まず中途採用においては、今必要な能力を持つ人材を即戦力として短期に投入できるメリットがあります。対して新卒採用は、中途採用とは異なり定期的に一括して安価な人材を採用することが可能です。さらに将来にかけて成熟していく人材のため、自社の方針や価値観を浸透させやすいというメリットがあります。

一方、デメリットについて。
やはり新卒採用は採用・選考期間も長く、また人材として成熟するまでに長期間を要します。また投資として、この期間中の本人の人件費や教育コストが必要です。上記にもある通り、中途採用と比較すると「即戦力ではない人材」と言えます。

それでも、企業が長期におよぶ採用・選考活動を行ってまで新卒採用をするのはなぜか?
それは、

・理念やビジョンの浸透スピードが早い
・次世代リーダー層の育成
・年齢構成ピラミッドの是正
・多様な人材の獲得
・投資コストが安い

などが挙げられます。

もう少し詳しく分析をすると、将来のリーダー・コア人材の獲得においては、「社会人」としてはまっさらな新卒。「社会人としての人格」を形成するにあたり、自社の求める理念や方針を持って生まれた社会人として育成することができます。このため、新卒採用は「生え抜きのコア人材・幹部候補」として長期的な経営計画に組み込むことが可能になります。

また、社内コミュニケーションの活性化も実現できます。新卒は当たり前となった業務にゼロベースの発想をもたらし、既存の社員に刺激を与える存在となり、人材育成の文化とスキルが生まれ、「人材を成長させられる組織」を作ることができるのです。

さらに、採用の効率化・低コスト化も実現できます。効率化においては、ある一定期間、集中して就職活動を行う50~60万人の学生に対して一斉広報・選考・採用が可能です。低コストの観点では、個別対応が必要な中途入社と比較すると、一度にまとめて研修・教育が実施できる新卒学生のほうが効率的だと考えることができます。

 

このようなメリットを享受するために「新卒採用を行いませんか?」と軽々しく言えることができない状況も、もちろん理解しています。採用活動は、企業にとってこれからの事業戦略を実現するためのとても大切な企業活動です。しかし現在の労働市場やビジネス環境はめまぐるしい変化を続けており、新卒採用について検討することもできないという企業も多いはずです。

今年のマーケットには、「就職先が決まらない」「バイトもできない」と不安に感じている優秀な学生がまだ多く存在します。
もちろん、すでに新卒採用を実施しており、追加のツールとしてリクナビをご利用いただくのも結構ですし、2022年の採用を見越して、少し「新卒採用とはどんなものか」と感触をつかむために使用してみるのも良いでしょう。

ぜひこの機会に、リクナビのご利用をご検討ください。
そして一人でも多くの学生が希望通りの企業に出会い、企業様にも期待通りの結果をお返しできることを望みます。

 

 

211406