media house

コラム

転職を通じて得たいものは?そもそも転職する理由は? 求職者の潜在的欲求を満たせる情報の提示が、採用の成功を左右する。


今年に入り採用活動をストップしていた企業も、秋ごろから徐々に再開される動きが目立つようになりました。しかし、昨年同時期と比較すると競合他社の件数はまだまだ少ないのが現状です。

・4月に向けて組織を強化したい。
・組織の若返り、後進育成のため若手を採用したい。
・採用できないとあきらめていた即戦力層を採用したい
など、採用についてお悩みがあれば 今から検討してはいかがでしょうか。

 

検討するにあたり、改めて気になるのは「結局、採用できるの?」という点でしょう。
採用を成功へと導くために重要なのは、下記のポイントです。


1、        求める能力・経験を有するターゲットが転職マーケットに存在するか
→ターゲットの直近活動数を調べることができます。
ターゲット数が少ない場合も、BP分解やwebマーケティングの活用などの 手法を一緒に模索します。

2、        そのターゲットに対して的確に求人情報は届くか
→案件やエリアごとに競合状況をお調べし適切な手法をご提案します。

3、        届いた情報はそのターゲットに対して魅力的なものか
→求めるスペックやお任せしたい案件によって求人の魅力は様々。
万人に魅力的な求人も採用ターゲットから見た時に何の魅力も感じてもらえなければ意味がありませんので、ターゲットごとの思考や転職動機など豊富なデータと実績から一緒に考えさせていただきます。


 

これまで多くの企業様の採用をお手伝いしてきましたが、「うちの様な中小企業ではきっと採用できないでしょ。」と思われているご担当者の方が非常に多くいらっしゃいました。
そもそもマーケットに存在しないターゲットを採用したい場合を除き、2と3が適切であれば企業規模に関係なく採用成功できます。逆に、2と3が適切でなければ、たとえ超優良条件の大手企業でも採用失敗となる可能性が高まります。

下記は、求職者が転職先を選ぶ際に重視するポイントです。


① お金/生活の糧として。
稼ぐために働く。その裏側にある目的は、自己実現や独立起業から、
家族や生活の安定・向上まで様々。

② 地位/人間としての誇りを満たす。
社会的、あるいは社内的に立身出世し、大きな仕事の上流で
堂々と働いていきたいと願う層です。

③ 安定/心安らかに暮らす。
変化を好まず、安らぎのある人生を望む層です。
また生活だけでなく、仕事面での継続性や将来性も重視しています。

④ 環境/生きる場としてとらえた職場。
自分が働く職場環境に重点を置く層です。
社内環境だけでなく、故郷で働きたいなど、生活面での環境も含みます。

⑤ 健康/心と体。
仕事を選ぶ際に、自身の健康維持や心の安定を重視する層です。

⑥ 憧れ/夢を描き挑戦する。
子供の頃から憧れていた夢を実現する。そんな思いで仕事を選ぶ層です。

⑦ 体験/おもしろい人生にする。
せっかく働くなら、誰かに自慢できるような面白い仕事を、と考える層です。

⑧ 仲間/良い人間関係を重視。
どんな人と共に働くか。働く仲間や社風、また経営者の考え方に共感し、仕事を選ぶ人もいます。

⑨ 社会貢献/他人のために働く。
人のためになる仕事をしたい。
公共・警察・介護・医療・サービスなどを中心に、
“ありがとう”と言われることを何よりの喜びと感じる層です。

⑩ 成長/自分自身を開拓・発見。
その仕事で何を得て、自分をどうキャリアアップさせていくかを重視する層です。

⑪ 変革/新しい時代を創る。
自分のアイデアで、もっと世の中を良くしていきたい。
端的に言えば、政治的な志向を持ち合わせている層です。

⑫ 創造/ものを生み出す喜びを得る。
商品開発や技術革新などを通じ、新しいものを作り出すことに、情熱を注ぎたいと考える層です。


このように、人によって働く理由は様々です。
どんな人がこの求人に魅力を感じるのか、どんなきっかけで転職を考えるのか、
このような細かい設定イメージを1つ1つ予め想定し、必要に応じた情報の提示が必要です。
細かい作業ですが、細部までイメージして募集した結果、代表と従業員2名の投資用不動産会社で営業を募集したところ、100名以上の方から応募をいただき、20代を2名採用することができました。

2と3の工程を意識し取り組むだけで、前回から反響が大きく変わったとのお声をいただくことも珍しくありませんので、貴社の魅力について改めて見直してみてはいかがでしょうか。

ご相談いただければ、弊社のこれまでの経験を元に客観的な視点も含め、魅力探しのお手伝いをさせていただきます。

 

290452