media house

コラム

これで解決!大阪府コンソーシアムで25万円はどうすれば支給されるのか?


新型コロナウィルス拡大の影響に伴い、各都道府県では対策や助成金など、様々な施策が打ち出されていることはご存知でしょうか?

代表的な例では「雇用調整助成金」です。
雇用調整助成金とは、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るため「労使間の協定」に基づき、雇用調整(休業)を実施する事業主に対して休業手当などの一部を助成するものです。
1人あたり1日15,000円を上限とし、休業手当が助成されます。

 

今回ご紹介するのは、
「OSAKA 求職者支援コンソーシアム(雇用促進支援金 25万円支給)」です。

弊社でも、営業活動を続ける中で
「この取り組みはまだ継続しているのか?」
「メール等で知っているけど、どういうものなのか?」
「何に掲載すれば対象に該当するのか?」
「どのように申請するのか?」

など、助成金に関するご質問を頂く機会が多くありました。
そこで今回は、この大阪府の施策と活用方法などを改めてご案内します。

 

OSAKA求職者支援コンソーシアムとは?


新型コロナウイルスによる雇用情勢悪化を受け、2020年10月1日より、大阪府は「OSAKA求職者支援コンソーシアム」を立ち上げ、民間人材サービス事業者各社と連携した緊急雇用対策事業を実施しています。大阪府民を正社員登用し、3ヶ月以上雇い入れた企業には大阪府雇用促進支援金として25万円が支給されます。

分かりやすく説明すると、
「新たに大阪府在住の方を採用した企業に、大阪府が25万円の支援金を出す」ということです。

 

対象企業は?


正社員として雇い入れる企業様の全てが当てはまります。
また、大阪府下で事業をされている企業様でなくても問題ありません。

 

条件は?


  1. 現在離職中の方を採用していただくこと。
  2.  大阪府が定めた採用媒体へご掲載いただくこと。
    弊社が取り扱うリクナビNEXTを含め、中途採用の求人広告の多くが対象になります。
    ただし、ハローワークや縁故などは対象外ですのでご注意ください。
  3. 上記①②で採用し、3ヵ月以上雇用していただくこと。

 

これら3つの条件を満たしていただくことが必要です。

 

どうすれば受給できる?


下記のURLより申請をしていただく必要があります。
http://www.pref.osaka.lg.jp/koyotaisaku/koyoushienkin/index.html#fome
※出典:大阪府HP(2021年3月26日)

採用後、1か月以内に登録していただけない場合は、支給が遅れる場合があります。

 

活用方法


この支援金の施策を活用した企業様の事例です。

大阪でサービス業をされている企業様は、1名採用で25万円支給の情報を知った際に、
「支援金の半額は採用者へ渡したい。」とおっしゃいました。

仕事もなく、必死で探している求職者に対して、企業が支援金を貰うのではなく、入社した人にこそ、その支援金を活かして力強く長く働いて欲しい。

そんな想いから奨励金という名目で15万円を支給されたそうです。
面接でもその趣旨を伝え、内定者も「この企業へ入社したい」という想いがより強まったそうです。

とても素敵な取り組みですね。

 

我々の想い


「全国の中小企業を元気にする」
これは弊社グループのミッションとして掲げています。

新たな雇用を創出し、求職者が本当にイキイキと働ける場を提供する。
企業様も新たな人材の採用で事業展開が前に進む。
そんな素敵なマッチングができればと思っています。

大阪府在住の方限定にはなりますが、採用を検討している企業には背中を押す打ち手になることでしょう。
この施策について、もっと詳しく知りたいという方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

<参考URL>
大阪府 大阪府緊急雇用対策特設ホームページ
http://www.pref.osaka.lg.jp/koyotaisaku/koyoutaisaku_tokuset/index.html

360406