media house

コラム

0円だから活用しよう!ジョブオプLiteの使い方【活用編*原稿作成】


「無料で採用ホームページを作成でき、Indeed(インディード)との連携にも強い」と聞き導入したけれど、どのように活用したらいいかわからず、放置されている方が多くいらっしゃるのも実状です。

そこで今回は、既にジョブオプLiteをご登録頂いている方向けに、“ジョブオプLiteの使い方【活用編*原稿作成】“をお伝えしていきたいと思います。
 
 


原稿の基本作成


◆ステップ1 「1原稿=<1雇用形態×1職種×1勤務地>で作成」

 
普段、求人広告を掲載するとき、1原稿に複数の「雇用形態・職種・勤務」で掲載していることはありませんか?
このような原稿だとIndeed(インディード)の無料掲載枠に掲載されない可能性があります。

なぜ掲載されないのか・・・
それはIndeed(インディード)の「掲載基準」があるからです!

 

Indeed(インディード)の「掲載基準」とは?
Indeed(インディード)は“We help people get jobs.”をミッションとして掲げています。
Indeed(インディード)で働く人々(“We”)は、すべての人々(“people”)が自分らしく生きられる仕事と出会う(“get jobs”)手助け(“help”)をしたいという思いを込めた言葉です。そのミッションに基づいて「求人検索エンジン」というサービスを提供しているため、常に求職者視点であることを大切にしています。

求職者がIndeed(インディード)で求人情報を検索したときに、業務内容や配属先がはっきりとは分からなかったり、実際の業務内容と異なる求人内容などが多く表示されるようでは、求職者にとって”良い仕事探し”とは言えません。
そんなケースを排除するべく、Indeed(インディード)では有用でない求人情報を振り分けるための「掲載基準」が定められています。
基準の内容は難しいものではなく、多くの人に情報を伝えるにあたり、守るべき基本的な項目になりますが、何も知らないまま求人情報を作成すると、意図せず基準に反してしまうケースもないとはいえません。そうした事態にならないよう、事前にしっかりと「掲載基準」を確認し、スムーズに採用活動をスタートさせましょう。

掲載基準の内容「コミュニケーション規約」
求職者がIndeed(インディード)で仕事を検索したときに、その人の希望に相応しい求人が表示されるようにするための規約です。

Indeed(インディード)には求職者に対し正確な情報を提供しようとする想いがありますので、掲載基準を確認しましょう

1雇用形態×1職種×1勤務地の参考原稿


ステップ2  「必須項目を入力」

 

・勤務地 勤務地の記入。
・雇用形態 アルバイト  パート  アルバイト・パート  正社員  契約社員 派遣社員  有料職業紹介要員  業務委託から選択。
・職種 「プルダウン」か「自由入力」を選択。
・給与 時給 日給 月給 年俸 1コマ 1勤務 その他から選択。
・試用・研修(雇用条件) どちらもなし  試用期間あり  研修期間あり  本文中に記載から選択。
・勤務時間 勤務時間や休憩時間、休暇に関することを記載。アルバイト、パート募集などの場合は、「週〇日~勤務可能」と記入することにより働くイメージができるのでおすすめです!

 

ステップ1・ステップ2のポイントをおさせて作成すれば、求人広告がIndeedへ掲載されます!

 


原稿作成の工夫ポイント


上記で必須項目を入力しているので掲載はされますが、任意項目も入力してイメージしやすい求人を作成していきましょう!

◆ポイント 「職種名の工夫!」

突然ですがここで質問です。
1と例2どちらが求職者へ伝わりやすいでしょうか??

1:求人広告の提案営業(法人営業)
2:営業スタッフ

 

おすすめは例1です!
2のように職種名だけだと、どのような業界で働くかがイメージできないので具体的に入力しましょう!

※注意事項
・自由入力の場合500文字まで入力することができますが、長すぎると伝わりづらいので20字前後で入力しましょう!
「〇〇歓迎」「●●活躍中」などを記載するとIndeed(インディード)の掲載基準審査に引っ掛かりやすいので記載はおすすめしません。

 

<掲載基準審査に引っ掛かりやすいキーワード例>

●特定文言
□年齢制限:"XXX歓迎" のように特定の年齢や特定の年齢域を想像し優遇または排除を想像させる文言。
例:20代歓迎、若手歓迎、ミドル歓迎など。
□ 国籍制限:外国人歓迎、日本人歓迎、等。
□ 直接雇用での完全歩合制:完全歩合制、又はその選択肢を含む求人。

他にも仕事内容 写真・画像 特徴 応募の流れ 採用予定人数 問い合わせ番号も入力して働くイメージを持ってもらえるよう作成していきましょう!

 


まとめ


今回はジョブオプLiteの「原稿作成」についてお伝えしてきましたが、入力する項目が明確でわかりやすいので、すぐに活用いただける商品となっております。

「採用はしたいけど予算はかけずに採用したい」
「自由に求人を作成したい」

そんな方にこそ、まずはこのジョブオプLiteをご活用いただきたいと思います。
「なんとなく登録した記憶がある」という方はぜひ、一度弊社までお問合せください。ご不明点や活用方法をより詳しくご説明させていただきます。

 

321007