media house

コラム

2021.04.09

無料採用ホームページの効果を最大限に発揮するために!(月間応募100件の活用術について)

現在、求職者は求人メディアだけではなく、会社の採用ホームページを併用して見て、直接会社の採用ホームページから応募している方が増えております。
そのため、多くの企業様が求人メディアだけではなく、オウンドメディア(自社が保有するメディアの総称)を活用しております。
その多くの共通点は求人検索エンジン「Indeed(インディード)」と連携しているものが多くありますが、なかなか効果に繋がらないといったお声をよく聞きます。Indeed(インディード)では人気のキーワードを使用することでクリック数を増やして応募効果を高めるのが一般的ですが、効果分析をしていく中で、無料の採用ホームページを使用して効果を出すキーワードを調べると以下の文言やポイントが出てきましたので、今回はその一部を公開いたしますので、ぜひご活用下さいませ。

 

キーワード


採用率UP
18時以降に働ける人UP
●/●(日付)スタート
オフィスワーク
希望シフト
午前中
朝から
残業なし
オープニング

文字数


表示される数としては、スマホが45文字、PC35文字
例えば、35文字以内に「●●に関する電話対応」等
一覧ページの段階で詳細ページが見えるように作成してみる

写真


3人よりも、1人、2人で写っている写真の方が反響が出やすい傾向があります。
場合のみ写真が反映されており、見やすいことが考えられます。

原稿数


原稿数や求人数は多い方が求職者に見られる確率は高まるので、多い方がオススメです。
但し、ただ出せばよいというわけではなく、効果分析をしていくことで、どの原稿が良くて、どの原稿が悪いということが把握できると、今後の対策が立てやすくなります。

ここまでは、求人案件のことについて触れさせていただきましたが、会社情報についても、入力するお時間があれば、以下の内容なども盛り込むことで、求職者の不安要素を取り除きつつ、より興味を持ってもらえるキッカケになります。
また、これらの情報を求人案件に盛り込むことでも直接求職者に訴求することができます。

会社紹介


会社の場所、スタッフ数、仕事の内容、どんな人たち(フリーター・主婦(夫)・シニア・学生・Wワーカーなど)がいて、どんなことをしている会社(業種・職種)なのか。オフィス環境(OPENした時、眺望など)や周辺環境(近くにコンビニ・スーパーなど)、交通アクセスなど

仕事紹介


どんな雰囲気なのか?仕事の内容

福利厚生


交通費、社会保険、健康診断、有給休暇、正社員登用制度、インセンティブ、研修制度、Wifi環境、携帯充電の有無、休憩室・ロッカー等、喫煙室、キッズスペース、仮眠室、食堂、お水やフリードリンク、おお弁当販売の有無、服装髪型自由・ネイルOK、提携保育園の有無、育児・介護休暇、子育て支援制度、友人紹介制度、社内イベント(表彰式、パーティ、社員旅行)、社員割引、前給制度、入社祝い金

 

FAQ(よくある質問)


未経験でもOKなのか?(入社後の研修内容や期間、サポート体制などで不安様子を払拭することが大切です)
仕事のやりがい(具体的なエピソードを交えてお伝えするとよりイメージがしやすくなります)
面接でどんなことが聞かれるのか?(ご希望のシフトや状況確認など)
面接時の履歴書の必要の有無
面接時の服装(スーツの必要の有無、私服でもOKなど)
コロナウイルス対策(下記内容は一例となります)
・面接時⇒オンライン面接の有無、面接時の対応(消毒液や検温、パネル設置、マスク着用での実施
・勤務時⇒マスク着用、検温、手洗い、消毒液の設置、アルコール除菌シート、パネル設置、室内換気

 

ここまでお読みいただいた内容は、あくまで一例となり、他にも事例が多数ございます。
新たな採用手法や情報提供をすることも可能ですので、興味のある方は、ぜひとも弊社へお問い合わせください。

 

180901