media house

コラム

タウンワーク+ジョブオプLiteブーストを活用した採用事例をご紹介! 【事務×アルバイト×20~30代主婦】

今回はタウンワークとジョブオプLiteを活用した採用事例のご紹介です。
採用成功の秘訣を余すことなくご紹介していきます。


【募集職種】
事務スタッフ

【企業情報】
業種:保険代理店
従業員数:1020
所在地:大阪府大東市

【募集要項】
採用予定人数:1
採用期限:20212月中
採用ターゲット:20代~30代の主婦

募集背景】
募集背景は欠員。
前回タウンワークで採用できたスタッフが育休に入り、その分の業務を補填できる事務経験者のスタッフを採用したかった。
前回は未経験者の募集をしたので採用できたが、今回初めて経験者のパートスタッフを募集するので、応募が集まるか不安だが早めに採用したいと思っていた。

○メディアハウスが提案した媒体


媒体:タウンワークA2サイズ+ジョブオプLiteブースト
オプション:サーチローテーション(1週目のみ)
掲載期間:<タウンワーク>4週間
<ジョブオプLiteブースト>2週間
料金:<タウンワーク>¥54,000(キャンペーン適用料金)
    <サーチローテーション>¥10,000
<ジョブオプLiteブースト>¥0(Indeed有料運用¥20,000)
→計¥64,000

○採用結果


<タウンワーク>27
<ジョブオプLiteブースト>5件 の応募が集まった。
最終的にこの中から、ターゲット通りの20代経験者を1名採用することが出来た。

○採用課題を解決したポイント


◎原稿内容について、募集内容は同じだが、タウンワークの原稿と、ジョブオプLiteブーストの原稿で、それぞれ応募を獲得しやすい表記に分けて作成した。

具体的には・・・

<タウンワーク>
求職者の方にとってメリットとなることや、打ち出したい会社の魅力を原稿の中でも目立つ、「職種名」と「キャッチコピー」に記載した。

<ジョブオプLite i ブースト>
職種名はできるだけシンプルにし、Indeed内での人気キーワードをできるだけ原稿に盛り込み、求職者とのマッチ度を高める工夫をした。

◎タウンワークとIndeedを掛け合わせて募集することにより、求職者からの閲覧・応募の間口を広げた

◎ジョブオプLiteの活用により、Indeedから求人を閲覧した求職者に、求人だけでなく同時に会社情報を知ってもらう機会を作った。

○お客様からの声


経験者募集だったのに前回(未経験者募集時)に続き採用できて満足しています。
また、分かりやすい説明と案内でスムーズに採用活動が進められたので次回以降採用があった際は引き続きメディアハウスさんにお願いします。

380459