media house

コラム

Indeed(インディード)を活用した採用事例をご紹介! 【派遣社員×Indeedの募集】

 

今回はIndeed(インディード)を活用した採用事例のご紹介です。
採用成功の秘訣を余すことなくご紹介していきます。


【募集職種】

製造・軽作業職種

【企業情報】

・業種 :派遣業
・従業員:40
・所在地:岐阜県岐阜市

【募集要項】

・採用予定   :不定期で発生する派遣案件1-5
・採用ターゲット:未経験、案件により「フォークリフト免許」必須


 

 

〇採用課題


採用背景:欠員・増員ともに基本的にはスピード重視

タウンワークをメインで出稿してはいるが、毎週月曜の掲載だと、間に合わない案件がある。
できるだけ早いタイミングで応募してもらえる媒体を探していた。
採用HPはあるが、全然活用できていない。

 

〇メディアハウスが提案した媒体


・媒体  :Indeed(インディード)クローリング
・運用期間:28日(4週間)
・料金  :¥144,000(広告費120,000+手数料24,000円)

 

〇採用結果


・応募数 :20
・登録人数:7
・稼働人数:4
※1ヶ月データ

 

〇採用課題を解決したポイント


まず、今まで全くつかってこなかった採用HPの利用を依頼。
新規の案件を受注する度に、HPに案件をUPしてもらう。
それでも、求人広告などを、作成する事が得意な担当者ではなかったので、原稿作成に関して弊社でフォローしました。

まずは、インプレッションを上げる施策として職種ごとの人気キーワードを原稿最下段にハッシュタグの様な形で掲載。
グーグルアナリティクスの閲覧権限も付与いただき、Indeed(インディード)流入の求職者がどこで離脱しているかなどの分析も行う。グーグルアナリティクスから見えてくる、サイトに来訪する求職者の検索ワードなどを元に原稿内容を更にブラッシュアップ。

ポイントとしては、サイトに訪れた方は、HPを回遊する傾向があったので、原稿に関しては、とにかくインプレッションを上げ、HP来訪する求職者の数を増やした。
社員インタビューなども、新しくアップしてもらい、回遊する求職者の応募意欲を醸成する試みを打った。

〇結果


案件の募集人数が多い、もしくは足りない場合は、毎週月曜日発行のタウンワークで母集団を形成。
突発的なニーズに対してはIndeed(インディード)を利用し、スピード感を持って求職者を募る。緊急度×重要度により、掲載媒体をコントロールし応募コストの最適化を図る事に成功した。

 

〇最後に


Indeed(インディード)だけを掲載する事に大きな成功はありません。
クローリングの場合は、HPの各数値をグーグルアナリティクスなどで分析し改善を図っていく必要があります。

また、媒体の併用もまだまだ必要な企業が多いので、どのような案件はIndeed(インディード)で、どのような案件は有料媒体か。というルールも作っておくことが重要です。
そうする事で、コストの最適化を図る事が可能になります。

こちらを見ている企業様も当てはまる事があるかと思います。
是非ご参考くださいませ。

メディアハウスエージェンシーでは、Indeed(インディード)の他にも自社の採用サイトを活用した効率的な採用手法や各種求人媒体のご提案が可能です。
「Indeed(インディード)や有料媒体を使っているが応募率が悪い」「応募数があまり集まらない」はもちろん「もう1つ有効的な媒体が欲しい」「各求人(職種など)にベスト人材を安い費用で採用したい」など、採用活動においてお悩みの点がございましたら、是非弊社までご連絡ください。

270453