media house

コラム

2021.06.09

Indeed(インディード)のクリック率を効果的に上げる、その方法とは?

皆様は、Indeed(インディード)のクリック率を気にかけたことがあるでしょうか。

クリック率とは、「クリック数÷表示回数」から割り出され、Indeed(インディード)で検索した後に表示される「一覧画面」の中から、どの程度の割合で一企業の求人広告がクリックされたかという数値になります。

例えば、御社の求人が一覧画面に100回表示された中で、5名の求職者が1回ずつクリックした場合、クリック数は計5回となりクリック率は5%となり、10回の場合は10%という形になります。

これを利用して、一覧画面上でどれほどの求職者が御社の求人に興味を持ったか、といった情報をクリック率から得ることができます。
ちなみに、Indeed(インディード)の一覧画面で表示される情報はPCやスマホ(アプリ)によってそれぞれ少し異なりますが、共通して表示されるのは「職種名」「勤務地」「給与」です。

Indeed(インディード)は世界No1の求人検索エンジンとして数多くの求職者に求人情報を届けていますが、その分掲載企業も多く、実に多数の求人広告が更新されています。そのため、企業ならではの際立った内容が記載されていないと求職者からはクリックされず、せっかくの募集が見逃されてしまいます。

 

ではその中で、より求職者の方に興味を持っていただけるようクリック率を高めるためには、一体どのようにするべきなのでしょうか。

 

そのためにはまず、Indeed(インディード)の掲載基準を理解しておくことが大切です。

例えば、一覧画面に下記の通り表示された場合、
求職者からより多くクリックされる求人広告はどちらだと思われますか?

(1) ホールスタッフ
(2) 毎月ボーナス1万円あり!ホールスタッフ!

(2)の方が、ほぼ間違いなくたくさんクリックされると想像できるでしょう。
同職種が並んだときに求職者が惹きつけられるのは、やはり魅力的なキーワードが記載されている求人広告です。

それならば(2)のような記載を心掛ければ良いのか、という話になるのですが、弊社でIndeed(インディード)をご掲載いただくお客様には、これを推奨しておりません。

 

なぜなのか。その問いにお答え致します。

Indeed(インディード)には独自の掲載基準があり、クリック数を増やすための誘発を目的としたキーワードは求職者がスパム(信頼できる情報でない)とみなす可能性を危惧し、一覧画面への表示優先度を下げる仕組みになっています。
そのため、魅力的なメッセージも、伝えたい想いも、職種名に入れ込むことで表示優先度が下がってしまい、かえって多くの求職者の目に届かなくなってしまうのです。
これでは、大事な応募機会の損失に繋がりかねません。

 

では、誘発的なキーワードを使わずにクリック率を高めるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

あくまで誘発を目的とした記載は表示優先度が下げられますが、その一方で、職種の内容をより詳細に記載することは、求職者にとって有益な情報を届けることになり、表示優先度が下げられることはありません。
さらに言うと、それこそが有効なクリックを的確に促す効果に繋がり、結果としてクリック率が上がるという効果に結び付きます。


例えば、
「ホールスタッフ」
という職種名を見て、何のホールスタッフをイメージされましたか?
一般的には、飲食店をイメージするかと思われます。
しかし飲食店のジャンルは様々で、居酒屋もあればカフェやレストランもあります。
さらに視野を広げると、パチンコ店やゲームセンターもホールスタッフを募集します。そのため、単純に「ホールスタッフ」と記載しても具体的な業態が分からなければ、有効なクリックに結び付かなくなると考えられます。

この場合は、
●焼肉店のホールスタッフ
●カフェのホールスタッフ
●パチンコ店のホールスタッフ
など、どのような業態の店舗で働くのかが明確であれば、求職者は有益な選択をすることが可能です。

一方で、具体性のない広告の方が、求職者はさらなる情報を求めてクリックするのでは?とも考えられます。

しかしIndeed(インディード)は、「キーワード(求職者の希望)×「勤務地」というシンプルな検索にも関わらず、数多くの情報を素早く求職者に届けることができるため、求職者にとって明確で適切な情報が多く掲載されている求人広告ほど、表示を優先させる傾向があります。
優先表示については、入札額の影響もありますが、「検索キーワードのマッチ率」「ユーザー(求職者)の行動履歴」なども大きく影響しています。そのため、職種名を詳細に記載することで求職者に優先的に表示されることとなり、結果としてクリック数が増加し、クリック率の上昇に繋がっていくのです。

求める募集職種やエリア、雇用形態は企業様により異なります。
そして、御社の求人の表示数やクリック率が平均的・低い・高いといった基準が不明確な場合もあることでしょう。


さらにIndeed(インディード)は日々アップデートを行っているため、先々は今回ご紹介した内容と異なる基準や表示になる場合もございます。

 

弊社では、こうしたIndeed(インディード)の更新に合わせて日々、最新情報をチェックして運用を行っています。
弊社が提供する最新情報を基に、安心して有効なIndeed(インディード)の利用をご希望されたい企業様は、ぜひお気軽にご連絡ください。

360408