media house

コラム

Indeed(インディード)を活用した採用事例のご紹介! 【児童発達支援管理責任者×正社員×採用難職種】

今回はIndeed(インディード)を活用した採用事例のご紹介です。
採用成功の秘訣を余すことなくご紹介していきます。


【募集職種】

児童発達支援管理責任者

【企業情報】

業種  :放課後等デイサービス
従業員数:20名
所在地 :山梨県中央市

【募集要項】

採用予定人数 :2名
採用期限   :2021年4月
採用ターゲット:児童発達支援管理責任者 有資格者・管理まで任せられる人


 

〇採用課題


Indeed(インディード)を1原稿2万円で、他職種も含め5原稿の運用。
資格必須ということもあり、応募すらなかなか来ない状況。
1ヶ月10万という費用に見合う効果を出せていなかった。

〇メディアハウスが提案した媒体


媒体(WEB商材):Indeed(インディード)直接投稿
掲載期間    :8週間
料金      :30万円

 

〇採用結果


チャージ金額25万円で応募総数は10件。
目標通りの有資格者を2名採用成功。

〇その理由やポイント


採用難エリア×採用難職種ということもあり、掲載開始直後は表示回数・クリック数共に非常に少なく、応募獲得にも至っていなかった。

〈ご提案内容〉

①原稿展開

採用難職種ということもあり、掲載開始直後は表示回数も2桁だった。
表示がされていなかった状況から展開を行ったことで表示回数が3桁に増加し、応募数2件獲得。

②日本案件提案

→山梨県内だけでは児童発達支援管理責任者の母数が少ないため施設間で人材の獲得競争がおこっている状態。
Uターン・Iターンの可能性もあるため、「日本」に勤務地を設定することで、日本各地に原稿を表示をさせて、他県から集めるということを提案。
日本案件導入後、3桁だった表示回数も4桁と増加し、応募数3件獲得。リモート面接を導入し、無事に他県の方との面接実施。

③職種名変更

→「児童発達支援管理責任者」
業界では「児発管」と省略をして呼ぶため、検索対策で職種名に入れ込む。
職種名変更後、応募数3件獲得。
ターゲットが検索する可能性の高い職種名を記載をすることで、応募者の”質”もアップ。

④履歴書必須対応

→資格保持者以外からの応募もあり、応募時にIndeed履歴書必須設定に変更。
「有資格者しか採用しない」という条件があったため、設定を変更。
応募数も今までと比べ著しく減ることもなく、2件獲得。
有資格者&経験者で”質”も担保出来た。
結果③・④の対応後、勤務地から通勤可能圏内の方・引越し予定の方の2名の採用に成功。

 

◎お客様からの声


今までどんなサイトに出しても効果は無かったし、人気だと言われているIndeed(インディード)に掲載しても効果が無くやはり職種的にも無理なのかと思っていました。
1原稿2万円で5原稿出していたので、8週間で30万円は高いとは思いませんでしたが逆に今までと同じくらいの予算でメディアハウスさんに任せるだけで効果が出るのかと、不安ではありましたが、打合せの際にとても細かく教えてくださったのでお願いしました。
掲載開始後には状況確認のご連絡も頻繁にありましたし、営業さんだけで考えるのではなく、私にも細かくヒアリングをしていただきました。
その結果、今まで応募すら来なかったところに10件も応募が来て、目標通りの有資格者2名の採用に成功してとても満足しています。欠員にならないことが理想ですが、もし今後必要なことがあれば是非またお願いしたいと思ってます。

 

380460