media house

コラム

【2021年5月度】「飲食業界」求人レポート(アルバイト系主要5媒体)

こちらのコラムでは、採用のご担当者様が欲しいデータを毎月定例で発信していきます。
求人件数の推移や時給相場の変化を定点観測していくなかで今後の採用にお役にたてましたら幸いです。
データ元:株式会社フロッグ「HRogチャート」より集計

 

掲載件数


<2021年5月度 媒体別×全業種掲載件数>

全求人掲載件数合計は6,625,841件(前年同月比184.3%、前月比115.5%)
前年同月比で見ると全媒体の掲載件数が大幅に減少。最も件数が増えているのは「タウンワーク」(+1,011,298・156。6%)となります。次に「バイトル」(+740,829件・204.5%)となります。前月比で見ても115.5%と二桁の伸びを見せています。

 

<2021年5月度 媒体別×飲食業界掲載件数>

飲食業界での求人掲載件数合計は919,148件(前年同月比176.3%、前月比110.5%)。
前年同月比で見るとすべての媒体が大幅に件数を伸ばしています。特に「タウンワーク」(+223,271件・174.0%)は掲載件数を伸ばしています。一回目の緊急事態宣言発出のあった2020年5月に求人数は大きく減少。20021年5月は前年同月比ほどの影響はなく、前月と比較しても件数を二桁伸ばしています。

 

平均時給


<2021年5月度 媒体別×全業種平均時給>

2021年5月の平均時給は1,229円(前年同月比+40円、前月比-4円)
前月比で見ると「マイナビバイト」(-10円)が最も時給を下げています。その他、タウンワーク-8円、バイトル-3円と、掲載件数の多いメディアで時給が下がっている傾向にあります。
前年同月比で見ると、全媒体が平均時給を上げています。前年同月比、タウンワーク+6円、バイトル+45円、マイナビバイト+40円、フロムエー+63円、イーアイデム+47円。

 

<2021年5月度 媒体別×飲食業界平均時給>

2021年5月の業界平均時給は991円(前年同月比-6円、前月比-3円)
前月比でみますと、ほぼ変化はありません。前年同月比でみますと多くの媒体が平均時給を下げています。媒体ごとにみると、タウンワーク-10円、マイナビバイト-13円、フロムエー-6円、イーアイデム-2円となります。
まん延防止等重点措置、緊急事態宣言再発出により、飲食業、特に時給の高い居酒屋での募集が大幅に減少したことが平均時給の低下に大きく影響していると思われます。

 

現在、地域ごとにまん延防止等重点措置、及び緊急事態宣言が適用されており、厳しい状況は続いていきますが、今のマーケット状況だからチャレンジできる採用もあります。

是非今後採用をご検討の方や現在採用にお困りの方がいらっしゃいましたら弊社までお気軽にお問い合わせください。

 

<参考資料>

Hrogフロッグ 2021年6月8日データ抽出

 

290701