media house

コラム

タウンワークを活用した採用事例のご紹介!【コンビニスタッフ】

今回はタウンワークを活用した採用事例のご紹介です。
採用成功の秘訣を余すことなくご紹介していきます。


【募集職種】

コンビニスタッフ

【企業情報】

業種  :コンビニエンスストア
従業員数:15
所在地 :大阪府大阪市福島区

【募集要項】

採用予定人数 :35
採用期限   :できる限り早く
採用ターゲット:10代~50代まで幅広く、男女問わず


 

〇採用課題


欠員募集。
人員体制に余裕がないため、これを機に増員も行いたい。

課題①

近隣に競合や飲食店が多く、応募数の確保が難しい。
過去、平均5名程度/週の応募だった。

課題②

簡単な仕事だと思われがちだが、実際は業務が多岐に渡り、業務量も多いため、「思っていた内容ではなかった」と退職する方も多い。いかにして定着率を上げるかも課題となる。

 

〇メディアハウスが提案した媒体


媒体   :タウンワーク
オプション:AirWORKセット
掲載期間 :2週間
料金   :¥18,000

 

〇採用結果


応募37名 ※週当たり18.5名/過去実績の3倍以上
採用8名(10代:2/20代:3/30代:2/40代:1名)
応募者層は10代~70代と幅広く、男女ともにバランス良く反応があった。
採用者8名とも未経験者。
採用から約1ヶ月経過後、8名中7名が在籍している。

 

〇採用課題を解決したポイント


求人広告内にロゴを活用する

記載できる情報量が少なくなる点はデメリットだが、紙面での訴求力を上げるために求人広告内にロゴを使用する。ロゴを使うことで、仕事内容の説明をしなくても伝わる点もメリット。
また、業界の「シフトの融通がききやすい」というイメージを視覚的に訴求させ、短時間・単発シフトで働きたい方とのマッチングにつなげる効果もある。

・雰囲気を伝える原稿内容の工夫

同業他社と条件面での差別化が難しく、簡単そうなイメージで応募してくる層は離職率が高いことから、お店の雰囲気を伝える情報を重視して記載した。
「オーナーはどんな人物か」「スタッフの雰囲気」「お客様の層」に加え、「会話を大切にしてほしい」という働くイメージに繋がる内容を記載することで入社後のミスマッチがないようにした。

 

 

◎お客様からの声


今までにない応募数に驚いています。
原稿内容を変えるだけで、正直こんなに反応が変わるとは思っていませんでした。
以前は会話が苦手な方からの応募も多かったのですが、今回はコミュニケーション前提で応募してきてくれる方が大半で、ターゲットに沿った応募者の中から“選んで採用できる”と感じられたのが良かったです。
また今回初めてネットでの応募者管理システムを導入しましたが、パソコンが苦手な私でもわかるようなシステムで、応募者との連絡がスムーズに行えたのも良かったと思います。
知り合いで求人に困っている人が居たら、ぜひ紹介したいと思います。

 

メディアハウスエージェンシーでは、タウンワークの他にも自社の採用サイトを活用した効率的な採用手法や各種求人媒体のご提案が可能です。
「有料媒体を使っているが応募率が悪い」「応募数があまり集まらない」はもちろん「もう1つ有効的な媒体が欲しい」「各求人(職種など)にベスト人材を安い費用で採用したい」など、採用活動においてお悩みの点がございましたら、是非弊社までご連絡ください。

 

360414