media house

コラム

【2021年9月度】求人レポート (転職系主要5媒体とIndeed)

こちらのコラムでは、採用のご担当者様が欲しいデータを毎月定例で発信していきます。
求人件数の推移や時給相場の変化を定点観測していくなかで、今後の採用にお役にたてましたら幸いです。
<データ元:株式会社フロッグ「HRogチャート」、Indeedより集計>

 

転職系主要5媒体の求人掲載件数


2021年9月の求人掲載件数は154,130(前年同月比129.4%、前月比102.6%)。
前年同月と比較し、増加傾向が見られます。

前年同月比で見ると、5媒体全てで前年比越え。最も増加率が高かったのは「リクナビNEXT」(+28,413件・203.4%)。続いて「type」(+1,568件・121.1%)となっています。
前月比で見ると、5媒体中2媒体で前月比を割りました。「マイナビ転職」(-8,756件・84.0%)が最も高い減少率となっています。反対に、「リクナビNEXT」では前月比から約120%件数を伸ばしております。8月のデータでも10,000件以上件数を伸ばしておりましたが、さらに件数を伸ばしている状況になっています。

 

Indeed(インディード)の求人掲載件数


2021年9月の参画アカウント数は前年同月比で見ると152.6%まで増加。20215月から参画アカウント数は増加傾向が見られます。

また、応募数に関しても前年同月比で見ると123.9%まで増加しております。2021年8月まで3か月連続で応募数が減少傾向にありましたが、9月は大幅回復していることが図から読み取れます。

ワクチン接種率も60%まで増加していることや、緊急事態宣言が明けたこともあり、ここから応募数はさらに増加すると予想されます。参画企業数も求職者もどちらも増えている状況になりますので、Indeed(インディード)をご利用中のお客様は今後に向けて対策を打っていくことが必要不可欠です!
2021年10月から仕様変更もございましたので、是非今後採用をご検討の方や現在採用にお困りの方がいらっしゃいましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

380466