media house

コラム

Category

カテゴリ一覧

2022.02.08

まずはこれから。Indeed(インディード)無料掲載で効果を出すための3つのポイント

GoogleやYahoo!においてどんなエリア・職種で検索しても上位に表示されるIndeed(インディード)。さらにテレビCMの効果もあり、数ある求人サービスの中でも特出したユーザー数を誇ります。

無料掲載でも、エリアや職種によっては採用成功まで充分に繋がりますので、今回は“無料で効果を出す3つのポイント”をご紹介していきます。

【以下のような方は、ぜひコチラの記事を参考にしてください。】
①エリア平均より高い給与や条件で募集を行っている。
②今回の採用には時間をかけても良いと考えている。
③まずは、Indeed(インディード)を無料で試してみたい。

エリア平均と比較して、自社の待遇に優位性があるのか。その点が気になる方は、弊社でも無料マーケット調査を行っていますので、お気軽にお問合せください。

>>>ご相談はコチラら<<<

 


Indeed(インディード)の無料掲載で効果を出すポイント①


「毎日、可能なら数時間に1度はIndeedにどれだけ表示されているか確認する」

 

Indeed(インディード)において、職種名は重要なポイントになります。

検索一覧には①職種名、②勤務地、③給与が表示されています。
求職者はこの情報をもとにクリックするか、しないかを判断しています。
この「職種名」次第で求人原稿がどれだけ閲覧されるかが決まるため、徹底的にこだわる必要があります。

しかしIndeed(インディード)では、クリックされるために「未経験者歓迎!」「高時給!」などのメリットを記載することを推奨していません。

“必要以上の情報やクリック誘発目的のキーワード、記号を含む職種名の求人は、スポンサー求人のみのご利用となる場合がございます。”
“一般的なルールとして、名刺に書かない内容は記載しないようにしましょう。”
※Indeedの掲載基準> ポリシー - 質の低い職種名より

具体的には下記のように発表されています。


【Indeedより「よい職種名の例」】
・求人広告営業
・自動車整備士

【Indeedより「質の低い職種名の例 」】
・未経験歓迎!求人広告の営業(土日祝休み)
・経験者歓迎!2tトラックの整備士(賞与あり)


質の低い職種名の方が、クリックを呼び込むうえでは有利になりますが、この場合、Indeedの検索一覧には表示されない可能性があります。

まずは

①シンプルな職種名で掲載開始

表示回数とクリック数を毎日確認してみましょう。
Indeed(インディード)の平均応募率が0.5%と言われておりますので、200クリックにつき1応募が平均的です。クリックが得られないようであれば、職種名を見直してみましょう。

②メリットを記載しクリックしたいと思わせる職種名に修正

クリック率がどれだけ上がるかを、日々確認してみましょう。
ただし推奨されていないため、毎日、可能ならば数時間に一度は管理画面を確認し、一覧に表示されているかどうかを確認してください。
※表示されていない場合は、シンプルな職種名に再度変更してください。

③職種名の言い換えを行う

求職者は様々なキーワードで検索を行います。「営業」だけでなく「セールス」「営業企画」など、人によって様々なキーワードで検索していますので、どの職種名がクリック率・応募率が最も高くなるのかを検証していきましょう。

求人広告を掲載するだけでなく、定期的に数値を確認して、広告内容を修正する。これらが、Indeed(インディード)で効果を上げていくうえで重要です。

※Indeed数値の確認方法についての詳細はコチラから

 


Indeed(インディード)の無料掲載で効果を出すポイント②


仕事内容はもちろん、研修内容応募方法など求職者が知りたい情報を適切に記載する。

Indeed(インディード)で仕事を検索すると、情報量の少ない求人広告が散見されます。
ホームページのクローリングや、お客様自身でIndeed(インディード)に求人情報を入力しているケースも多いため、他の求人サービスと比べると、質の担保という観点でまだ不十分といえます。

裏を返せば、求職者が求める適切な情報が採用競合との差別化に繋がるため、求人広告の内容は大きなポイントとなります。

①仕事内容:できるだけ細かく記載。1日の仕事の流れなどもお薦めです。
②応募資格:対象者の経験・スキル・資格等も明確に記載しましょう。
③給与・待遇:給与情報や年収例を記載し、待遇も漏れなく全て記載しましょう。
④研修内容:研修に関する記載がない求人広告が数多く掲載されています。応募者の不安を少しでも払拭できるよう、丁寧に記載してください。
⑤応募フロー:応募から採用までの目安。面接回数などを記載することをお勧めします。

求人広告を掲載するだけでなく、求職者が知りたい情報を適切に記載するようにすることで、応募数を増やすことが可能です。また掲載後も応募率が低い場合(0.5%以下)は、さらに求人広告に情報を追加することも重要です。
掲載後、1週間に1度は、データを参考に広告内容を見直していきましょう。

 


Indeed(インディード)の無料掲載で効果を出すポイント③


自動面接予約機能を活用してみる


求職者数が多い中、Indeed(インディード)を有料で掲載している企業も増加しています。
あたりまえですが、有料掲載の場合は検索結果に表示されやすくなります。
無料掲載で効果を出すためには、手間が増えますが、有料掲載をしている採用競合が実施していないことを先駆けて行う必要があると考えます。

そこでお勧めなのは、Indeed(インディード)の自動面接予約機能です。

この機能を利用することで、
①検索一覧表示上で優位になる
②面接率、採用率の向上が期待できる。

といったメリットがあります。
※自動面接予約機能の詳しい内容はコチラからご確認ください。

無料で効果を創出するためには、競合よりもひと手間をかけることが大切です。
無料掲載で効果が出ないと諦める前に、まずはできることをお試しください。

 


それでも効果が出なければ……


表示回数・クリック率・応募率を参考に求人広告を修正しても効果が出ない場合は、募集条件もしくは採用ターゲットの見直しが必要となります。マーケットに対象者がいない場合は、応募がない場合も充分考えられます。

弊社では、無料でセカンドオピニオンサービスを行っております。
Indeed(インディード)の数値の検証から、マーケットデータの提供も行っておりますので、採用成功に向けて何が必要なのかを、求人データを基に解説させていただきます。
採用活動のポイントは、「無料だから効果が出ない」ではなく、「何が課題で応募がない・採用ができないのか」をしっかり把握して改善することです。

採用に関わることであれば、どんなに些細なことでも構いません。
下記フォームより、お気軽にお問合せください。

341007