media house

最適解を届ける社員紹介

tetsuya kobayashi

小林 哲也tetsuya kobayashiメディアハウスクリエーション
エグゼクティブディレクター

2016年 メディアハウスクリエーションに入社。現在は、クリエイティブコミュニケーションセンターにてエグゼクティブディレクターを務める。

strong point

私の強み

もとはメディアハウスで求人広告の制作に携わり、企画・コンセプト立案、デザイン、コピーライティングなど…広告制作における網羅的なスキルを身に付けました。さらにフリーランス、人材派遣会社のwebデザイナーを経て、webデザインのスキルも習得。このような経験からWebデザインを主軸に、多角的な視点からクリエイティブディレクションを行えることを強みとしています。

my value

大切にしていること

お客様が言語化できない想いやイメージを企画やデザインで具現化し、ターゲットに伝わるよう設計することです。そのために、お客様の事業に対する想いやエピソードに、しっかりと耳を傾けて伴走することが重要だと考えています。また、お客様だけのオリジナリティのある企画やデザインを何かひとつでも潜り込ませること。その企業にしか表現できないコンテンツを作ることも最適なソリューションを届ける上で大切だと感じています。

challenge

挑戦したいこと

見た人を笑顔にさせる、面白いと思わせるクリエイティブが好きなので、提案したときにお客様と私がニヤリと笑い、悪戯っ子のような表情になる…そんな企画を一緒にチャレンジしたいと思っています。時には常識を覆す必要もありますし、ただの飛び道具ではなく最終的な採用、集客、ブランディング効果に寄与する設計が必要なため、難易度は高いですが、それを超えるワクワクに出会えると信じています。