media house

最適解を届ける社員紹介

yuichiro tanio

谷尾 裕一郎yuichiro tanioメディアハウスクリエーション
エグゼクティブディレクター

2007年メディアハウスに入社。採用領域の制作を経て、2014年からブライダル領域のディレクターへ。メディアハウスクリエーション 制作2部 関西制作課に所属。現在に至る。

strong point

私の強み

幼少期より周りの人たちを観察して培った「ターゲット設定力」と学生時代よりmixiで培った「文章・構成力」で、発見や気づきのある、コンセプト・コピーを制作します。力が抜けていて、でも本質をついている、そんな文章を心がけています。『第56回 宣伝会議賞』グランプリを受賞しました。

my value

大切にしていること

クライアントを想うということは、クライアントに同調するということではないと考えているので、本音を伝えること、伝えられる関係性づくりを大切にしています。ものごと何でも疑ってかかる、イメージに左右されない。見えているものだけを信じない。自分のことも信じない、作ったものにも自分で何回もダメ出しする。この写真も、眼鏡にはレンズが入っていないし、手に持っている広辞苑も開いたことがありません。

challenge

挑戦したいこと

クライアントが弱点だと思っていることが、実は強力な武器だった。求人・ブライダル制作を通して、そういう機会がすごく多かったので視点やターゲットや伝え方を変えれば、これが大手には無い魅力になる!ということを、企業の方と一緒に考えて、強敵に「くやしー」と思わせたいです。