media house

ニュース トピックス

  • INTERVIEW

    【38期社長賞インタビュー】優秀プレイヤー賞~巴川 達也さん~

    NEWSでは、社長賞インタビューを随時掲載しております。

    前回の内容にご興味がある方は下記リンクからご覧ください!

    今回ご紹介しますのは、優秀プレイヤー賞を受賞された”巴川 達也さん”です。

    コロナ禍での苦悩と、初受賞の喜びの声をお届けします!

    所属

    メディアハウスエージェンシー トータルプロデュース部 HR1課

    経歴

    2014年新卒入社。入社以来、人材採用支援領域の営業として活躍しています。

    Q1.受賞を聞いた時の感想を教えてください。

    「驚き」と「嬉しさ」が、まず第一に来ました。

    その後、優秀プレイヤー賞を受賞したという意味合いを考えると、

    今年一年、さらに気を引き締めて仕事をしなければならないというプレッシャーも感じました。

    Q2.去年1年間で最も苦労したことと、それを乗り越えるために工夫したこと・取り組んだことを教えてください。

    コロナ禍でなかなか結果がすぐに出ない事、そして、初めての経験で対応の仕方がわからない事が多く、苦労しました。

    そのうえで、決してあきらめず、目の前のできることから取り組んでいく、初心に帰ることを意識しました。

    Q3.Q2の中でこれはぜひ他の社員にも真似してほしい!と自慢できることはありますか?

    今日できることは明日にしない事。

    スピード感を持つことが大切です。

    そして、それを意識し実行することです。

    Q4.「全国の中小企業を元気にした」ことを実感したエピソードを教えてください。

    昨年の12月に事務職の採用のお手伝いをした逗子の施工会社の社長様から、

    先日お電話があり、「前回採用した人がすごく活躍している」とおっしゃっていただけました。

    また、その影響もあり、「2店舗目の計画もできた」とご相談いただけました。

    改めて、求人広告及び、採用成功の楽しさを感じました。

    また、企業とカスタマーのどちらも元気にできたと思うと嬉しかったです。

    Q5.今後新たに挑戦したいことはありますか?

    組織として全員で目標を達成していくということ。

    また、先ほどのエピソードのように多くの雇用機会を作り、採用成功をし、

    コロナ禍でも社会に明るい話題を提示し続けていくことです。

    Q6.メディアハウスの特徴を一言で表現するなら?
    希望
    コロナ禍で苦しんだ中での初受賞!

    いかがでしたでしょうか?

    メディアハウスの社員がコロナ禍でどのようにお客様と向き合っているのか、お伝えできていますと幸いです。

     

    コロナ禍でも、お客様のために決して諦めずに最後まで奔走されていたとのことで、

    メディアハウスのValueである「クライアントに最適解を提供する真の代理店」という考えを

    体現されたからこそ、受賞に至ったのではないかと思います。

    今後も、社内外に明るい話題を提示し続けていただきたいですね!

     

    次回も引き続き、優秀プレイヤー賞を受賞された方をご紹介して参ります。

    次の投稿もお楽しみに!

  • INTERVIEW

    【38期社長賞インタビュー】優秀プレイヤー賞~小野村 奈々さん~

    NEWSでは、社長賞インタビューを随時掲載しております。

    前回の内容にご興味がある方は下記リンクよりご覧ください!

    今回ご紹介いたしますのは、優秀プレイヤー賞を受賞された”小野村 奈々さん”です。

    初受賞の喜びの声を皆さんにお届けします!

    所属

    メディアハウスクリエーション メディア制作部 製作2課

    経歴

    2013年新卒入社。ブライダル営業を経て、現在は求人広告や不動産情報サイトの原稿制作を行っています。

    Q1.受賞を聞いた時の感想を教えてください。

    ただただ、驚きと嬉しさでいっぱいでした。

    今年でメディアハウスに勤めて9年目になり今までたくさんの受賞者を目にしてきましたが、自分がその一人に選ばれるとは想像していなかったです。

    会社へ貢献できる程の実績を残せるまで時間がかかりましたが、その分支えて下さった多くの方に感謝しかないなぁ、と思いました。

    Q2.去年1年間で最も苦労したことと、それを乗り越えるために工夫したこと・取り組んだことを教えてください。

    多い時で400本もの原稿を一度に動かす必要があり、作業工程の整理をした上で制作を進めました。

    紙出力や原稿袋作成をはじめ、一部全原稿共通の修正などは手が空いている方に協力してもらいましたが、

    最初の作業工程整理ができていなかったらスムーズに依頼することもできなかったと思います。

    Q3.Q2の中でこれはぜひ他の社員にも真似してほしい!と自慢できることはありますか?

    残念ながら(?)自慢できることは特にありません。

    私が取り組んだことは、ひとつの業務にかかる時間の目安を把握すること、

    その時間と納期を基準に複数のマイルストーンをおいたこと、

    粛々と取り組むことなど、皆さんも当たり前にやっていることかと思います。

    Q4.「全国の中小企業を元気にした」ことを実感したエピソードを教えてください。

    「制作していただいた記事の評判が良く、今回もお願いしたいと思って…」と、

    過去に掲載記事のやり取りをしたご担当者様からご連絡をいただいたことがあります。

    具体的な効果を把握しにくい媒体を担当しているので、直接対峙するご担当者様の言葉から実感しています。

    Q5.今後新たに挑戦したいことはありますか?

    昨年度で叶えたいことを実現できたこともあり、今は模索の最中ですが…

    ディレクターの仕事の面白さをもっと知れたらいいな、クリエイティブ力をもっと身につけたいな、と思っています。

    Q6.メディアハウスの特徴を一言で表現するなら?

    個性的な人の集まり、です。

    様々なタイプの人がいて、個人を掘れば掘るほど面白くって、という印象は入社当時から変わりません。

    "驚き"と"嬉しさ"の初受賞!

    いかがでしたでしょうか?

    在籍9年目での初受賞の思いを皆さんにお伝えできていますと幸いです。

     

    インタビュー内で自慢できることは特にないとおっしゃっていましたが、

    当たり前のことを当たり前にこなすことが最も大変なことではないかと思います。

    謙虚に努力し続けることができる社員が多いことも、メディアハウスの魅力の1つです!

     

    次回も引き続き優秀プレイヤー賞を受賞された方をご紹介して参ります。

    次の投稿もお楽しみに!

  • INTERVIEW

    【38期社長賞インタビュー】優秀プレイヤー賞~藤田 悠資さん~

    現在、社長賞インタビューを随時掲載しております。

    前回は最優秀新人賞受賞者のインタビューを掲載しておりますので、ご興味がある方は下記リンクからご覧ください。

    さて、今回ご紹介いたしますのは優秀プレイヤー賞を受賞された”藤田 悠資さん”です。

    求人広告制作のエキスパートの思いを皆さんにお届けします!

    所属

    メディアハウスエージェンシー関西 制作課

    経歴

    2015年に中途入社。入社以来、求人広告の制作を担当しています。

    Q1.受賞を聞いた時の感想を教えてください。

    1年越し2度目の受賞はないだろうと思っていたので、少し他人事のように眺めていたので、驚きました。

    Q2.去年1年間で最も苦労したことと、それを乗り越えるために工夫したこと・取り組んだことを教えてください。

    Webサイトの制作や、販促の作成等、社内のみで完結するような初の試みで、フロー等の前例がないものが多かったので、

    リモートワークが中心の中でその点企画立ち上げから運用まで大変でしたが、

    色々な方と協力しながらメール、SNS、Web会議等を駆使しながらコミュニケーションを大切に制作していきました。

    Q3.Q2の中でこれはぜひ他の社員にも真似してほしい!と自慢できることはありますか?

    「困ったときに意外に頼れる外注先や仲間は絶対にいる。」ところです。

    自分一人で考えず必ず誰かに助けを求めて一緒に考えると、気持ちの面でも、業務量の面でも負担はかなり減ると思います。

    Q4.「全国の中小企業を元気にした」ことを実感したエピソードを教えてください。

    大阪を中心に展開している串カツチェーンのお客様の新卒パンフレットの制作をメンバーが行い、自分はメインビジュアルのイラストを担当しました。

    創業当時をテーマにしたイラストを提案したところ、お客様がかなり気に入ってくださり、2次利用でイラストを展開。

    新店舗やリニューアル店舗の看板や内装の一部として採用していただきました。

    道頓堀の有名店を始め現在3~4店舗の壁一面に自分のイラストが採用されております。

    Q5.今後新たに挑戦したいことはありますか?

    デザイナーとして「この世にあふれる表現をすべて伝わりやすく。」心掛けて仕事をしています。

    最近気になるのは動画です。

    今はどんな人でもどんどん動画を作って出せる時代になっていて、色々な人がクリエイターを名乗っていますが、

    現在は企画や編集、見た目の凝ったものが主流になっており、そのクオリティはどんどん上がっていくと思います。

    今後動画等も自社で完結できたら楽しいなと思っており、会社のYouTubeチャンネル用の動画編集等でも協力させて頂きながら日々勉強中です。

    Q6.メディアハウスの特徴を一言で表現するなら?
    全員主人公。
    新たな分野に対して積極的に挑戦中!

    いかがでしたでしょうか?

     

    優秀プレイヤー賞を受賞されてなお、動画広告など新たな事に取り組まれているとのことですね。

    今回が2回目の受賞となりますが、3回目の受賞も期待せずにはいられませんね!

     

    次回も引き続き、優秀プレイヤー賞を受賞された方のインタビューを掲載して参ります。

    次回の投稿も是非ご覧ください!

  • INTERVIEW

    【38期社長賞インタビュー】最優秀新人賞 ~磯島 悠太さん~

    メディアハウスには、1年間を通して優秀な成績を収めた社員を称賛する「社長賞」という社内表彰制度が存在します。

     

    社長賞の種類としては、

    入社1年目の新卒社員が対象の「最優秀新人賞」、

    全プレイヤーが対象の「優秀プレイヤー賞」と「最優秀プレイヤー賞」、

    会社の中核を担うプレイヤーが対象の「最優秀スペシャリスト賞」、

    全マネージャーが対象の「最優秀マネージャー賞」、

    と非常に多岐にわたります。

     

    この度、2020年度の各受賞者にインタビューいたしましたので、その内容を複数回に分けてご紹介して参ります。 

    さて、今回トップバッターを飾るのは、最優秀新人賞を授賞された磯島 悠太さんです。

    フレッシュな声をみなさんにお届けします!

    所属

    リンクル 運用グループ

    経歴

    2020年に新卒入社。現在はGoogleやTwitterなどのWEB媒体戦略を企画するチームに所属しています。

    Q1.入社後に最も苦労したことは何ですか?また、それをどうやって乗り越えましたか?

    正直に言うと「ない」というのが答えになります。

    そもそもパソコンを使うことすら苦手だと思っていたので、すべてが新鮮で新しい発見ばかりの毎日でした。

    やりすぎて物理的に頭が痛くなる日ばかりでしたが、苦労という感覚はなくとにかく楽しんでいました。

    Q2.今までの業務の中でやりがいに感じたことは何ですか?

    クライアント様のメールや文章・ミーティング内の会話で「おかげさまで」という言葉を見聞きしたときです。

    その言葉さえあれば、忙しかった過去も一瞬で報われますし、もっと素敵なことを提案・実施したいと思えます。

    ただ、まだまだ笑顔や感動は与えられると思うので、努力は足りていないと感じております。

    Q3.過去1年間で自分自身が「変わったな」「成長したな」と思うことは何ですか?

    変わったこと、成長したこと…難しいですね。

    本当に毎日いろんな発見があって、それと同時に知らないことも増えてきて。

    なので、「自分はできる」と「自分、全然できてないな」の繰り返しの毎日です。

    それを考えると、脳みそのシワが多くなって中身が多少増えたことは過去1年間で変わったことだと思います。

    Q4.社会人1年目で最も大切なことは何だと思いますか?(姿勢や考え方など)

    失礼かもしれないですが、先輩の時間をとにかく奪うことだと思います。

    尊敬できる先輩ばかりの環境だからこそ、その先輩方の数年分の知識を数ヶ月で奪うつもりで質問ばかりしていました。

    良くも悪くも「1年目」という言葉をうまく利用していたと思います。

    Q5.これからの新入社員に伝えたいことは何ですか?

    向き不向きで悩むより、やりたい・できるようになりたいことを想像して、そのためにどうすればいいかということに色々と悩んでほしいです。

    たぶん人生は何とかなるので。何とかなるって思えば、きっと何とかしようと行動しているので。きっと大丈夫です。笑

    Q6.今後新たに挑戦したいことは何ですか?

    リスティング広告だけでなく、SNSやクリエイティブに関する知見をもっと溜めて、一時的な提案だけではなくて、大きくて夢のある提案をすることです。

    すごく曖昧で具体性のない言葉ですが、夢や感動を与えられるようなプロモーションをしていきたいです。

    そのためには、まだまだ知識量や経験が足りていませんので、引き続き、先輩方の時間を奪い続けるつもりです。

    どうかよろしくお願いいたします。

    さらなる活躍に乞うご期待!

    いかがでしたでしょうか?

    メディアハウスの新入社員が入社してから今に至るまでどのような思いで働いているのか、をお伝えすることができていますと幸いです。

     

    次回ご紹介させていただくのは優秀プレイヤー賞の受賞者インタビューとなります。

    ぜひ次回の投稿もご覧ください!