media house

ニュース トピックス

【38期社長賞インタビュー】最優秀新人賞 ~磯島 悠太さん~

  • メディアハウスには、1年間を通して優秀な成績を収めた社員を称賛する「社長賞」という社内表彰制度が存在します。

     

    社長賞の種類としては、

    入社1年目の新卒社員が対象の「最優秀新人賞」、

    全プレイヤーが対象の「優秀プレイヤー賞」と「最優秀プレイヤー賞」、

    会社の中核を担うプレイヤーが対象の「最優秀スペシャリスト賞」、

    全マネージャーが対象の「最優秀マネージャー賞」、

    と非常に多岐にわたります。

     

    この度、2020年度の各受賞者にインタビューいたしましたので、その内容を複数回に分けてご紹介して参ります。 

    さて、今回トップバッターを飾るのは、最優秀新人賞を授賞された磯島 悠太さんです。

    フレッシュな声をみなさんにお届けします!

    所属

    リンクル 運用グループ

    経歴

    2020年に新卒入社。現在はGoogleやTwitterなどのWEB媒体戦略を企画するチームに所属しています。

    Q1.入社後に最も苦労したことは何ですか?また、それをどうやって乗り越えましたか?

    正直に言うと「ない」というのが答えになります。

    そもそもパソコンを使うことすら苦手だと思っていたので、すべてが新鮮で新しい発見ばかりの毎日でした。

    やりすぎて物理的に頭が痛くなる日ばかりでしたが、苦労という感覚はなくとにかく楽しんでいました。

    Q2.今までの業務の中でやりがいに感じたことは何ですか?

    クライアント様のメールや文章・ミーティング内の会話で「おかげさまで」という言葉を見聞きしたときです。

    その言葉さえあれば、忙しかった過去も一瞬で報われますし、もっと素敵なことを提案・実施したいと思えます。

    ただ、まだまだ笑顔や感動は与えられると思うので、努力は足りていないと感じております。

    Q3.過去1年間で自分自身が「変わったな」「成長したな」と思うことは何ですか?

    変わったこと、成長したこと…難しいですね。

    本当に毎日いろんな発見があって、それと同時に知らないことも増えてきて。

    なので、「自分はできる」と「自分、全然できてないな」の繰り返しの毎日です。

    それを考えると、脳みそのシワが多くなって中身が多少増えたことは過去1年間で変わったことだと思います。

    Q4.社会人1年目で最も大切なことは何だと思いますか?(姿勢や考え方など)

    失礼かもしれないですが、先輩の時間をとにかく奪うことだと思います。

    尊敬できる先輩ばかりの環境だからこそ、その先輩方の数年分の知識を数ヶ月で奪うつもりで質問ばかりしていました。

    良くも悪くも「1年目」という言葉をうまく利用していたと思います。

    Q5.これからの新入社員に伝えたいことは何ですか?

    向き不向きで悩むより、やりたい・できるようになりたいことを想像して、そのためにどうすればいいかということに色々と悩んでほしいです。

    たぶん人生は何とかなるので。何とかなるって思えば、きっと何とかしようと行動しているので。きっと大丈夫です。笑

    Q6.今後新たに挑戦したいことは何ですか?

    リスティング広告だけでなく、SNSやクリエイティブに関する知見をもっと溜めて、一時的な提案だけではなくて、大きくて夢のある提案をすることです。

    すごく曖昧で具体性のない言葉ですが、夢や感動を与えられるようなプロモーションをしていきたいです。

    そのためには、まだまだ知識量や経験が足りていませんので、引き続き、先輩方の時間を奪い続けるつもりです。

    どうかよろしくお願いいたします。

    さらなる活躍に乞うご期待!

    いかがでしたでしょうか?

    メディアハウスの新入社員が入社してから今に至るまでどのような思いで働いているのか、をお伝えすることができていますと幸いです。

     

    次回ご紹介させていただくのは優秀プレイヤー賞の受賞者インタビューとなります。

    ぜひ次回の投稿もご覧ください!