media house

ニュース トピックス

【38期社長賞インタビュー】優秀プレイヤー賞~巴川 達也さん~

  • NEWSでは、社長賞インタビューを随時掲載しております。

    前回の内容にご興味がある方は下記リンクからご覧ください!

    今回ご紹介しますのは、優秀プレイヤー賞を受賞された”巴川 達也さん”です。

    コロナ禍での苦悩と、初受賞の喜びの声をお届けします!

    所属

    メディアハウスエージェンシー トータルプロデュース部 HR1課

    経歴

    2014年新卒入社。入社以来、人材採用支援領域の営業として活躍しています。

    Q1.受賞を聞いた時の感想を教えてください。

    「驚き」と「嬉しさ」が、まず第一に来ました。

    その後、優秀プレイヤー賞を受賞したという意味合いを考えると、

    今年一年、さらに気を引き締めて仕事をしなければならないというプレッシャーも感じました。

    Q2.去年1年間で最も苦労したことと、それを乗り越えるために工夫したこと・取り組んだことを教えてください。

    コロナ禍でなかなか結果がすぐに出ない事、そして、初めての経験で対応の仕方がわからない事が多く、苦労しました。

    そのうえで、決してあきらめず、目の前のできることから取り組んでいく、初心に帰ることを意識しました。

    Q3.Q2の中でこれはぜひ他の社員にも真似してほしい!と自慢できることはありますか?

    今日できることは明日にしない事。

    スピード感を持つことが大切です。

    そして、それを意識し実行することです。

    Q4.「全国の中小企業を元気にした」ことを実感したエピソードを教えてください。

    昨年の12月に事務職の採用のお手伝いをした逗子の施工会社の社長様から、

    先日お電話があり、「前回採用した人がすごく活躍している」とおっしゃっていただけました。

    また、その影響もあり、「2店舗目の計画もできた」とご相談いただけました。

    改めて、求人広告及び、採用成功の楽しさを感じました。

    また、企業とカスタマーのどちらも元気にできたと思うと嬉しかったです。

    Q5.今後新たに挑戦したいことはありますか?

    組織として全員で目標を達成していくということ。

    また、先ほどのエピソードのように多くの雇用機会を作り、採用成功をし、

    コロナ禍でも社会に明るい話題を提示し続けていくことです。

    Q6.メディアハウスの特徴を一言で表現するなら?
    希望
    コロナ禍で苦しんだ中での初受賞!

    いかがでしたでしょうか?

    メディアハウスの社員がコロナ禍でどのようにお客様と向き合っているのか、お伝えできていますと幸いです。

     

    コロナ禍でも、お客様のために決して諦めずに最後まで奔走されていたとのことで、

    メディアハウスのValueである「クライアントに最適解を提供する真の代理店」という考えを

    体現されたからこそ、受賞に至ったのではないかと思います。

    今後も、社内外に明るい話題を提示し続けていただきたいですね!

     

    次回も引き続き、優秀プレイヤー賞を受賞された方をご紹介して参ります。

    次の投稿もお楽しみに!